ブライダル求人サイトランキング

ブライダル求人TOP >> ブライダル業界の転職の基礎 >> ブライダル業界の適性(向き・不向き)

ブライダル業界の適性(向き・不向き)

女性にとって憧れのイベントの一つである結婚式に携わる仕事をするブライダル業界は人気の職種の一つです。ブライダル業界と言っても様々な仕事がありますが、ブライダル業界全般に対して向いている人・向いていない人とはどういった人なのでしょうか。ブライダル業界の花形の仕事と言えばウェディングプランナーです。華やかなウェディングに携わる仕事ですが、主役はもちろん花嫁さんと花婿さんです。二人にとって最高の一日にするために力を尽くすことができる、裏方の仕事が得意な人に向いている仕事です。また「誰かを喜ばせたり笑顔にできる仕事をしたい」と考えている人にはぴったりな仕事とも言えます。

ただ、ウェディングプランナーは結婚式をプランニングするだけが仕事ではありません。営業活動も行わなければいけませんし、売り上げを上げるために奔走することもあります。お客様の予算内でプランニングをすることも大切ですが、その一方でできる限り売り上げを伸ばすことも大切な仕事です。結婚式という夢のような一日に対して、その裏では現実的なビジネス的なやり取りもたくさん行われます。それに抵抗がある人はプランナーには向いていないかもしれません。それから、根気強さや柔軟性も必要です。お客様が納得するまでは何度もプランの練り直しが行われることも当たり前ですし、常識的に考えてAのプランがいい場合でも、お客様がBのプランと言えば、そちらを選ぶことになります。何度も何度も行われる打ち合わせのたびにプランニングを考えなければなりませんし、プランナーとして絶対の自信があるプランニングでもお客様の意見を尊重しなければなりません。お客様を招待する立場として礼儀作法にも厳しい業界です。

ブライダル業界全体に言えることですが、「誰かを喜ばせたい」と思う気持ちはとてもこの業界で働いていく上でとても大切な気持ちです。しかし、人を喜ばせたいという気持ちや結婚式に対する気持ちだけが強すぎてもこの業界でうまく仕事をしていくことはできません。ウェディングという現場で働くということはお客様に喜んでもらう仕事でありながら、それをビジネスときちんととらえておく必要があるからです。時には会社の方針が意にそぐわないこともあるかもしれませんが、会社で働いている以上、方針に従わなければならないところは従うという割り切りが上手にできることもブライダル業界に向いているかどうかの見極めのポイントです。


Copyright (C) 2013-2017 ブライダル求人サイトランキング All Rights Reserved.