ブライダル求人サイトランキング

ブライダル求人TOP >> ブライダル業界の転職の基礎 >> ブライダル業界の転職と面接

ブライダル業界の転職と面接

転職であっても大手のブライダル会社となれば競争率も高いです。未経験でもOKとしているブライダル業界の求人はウェディングプランナーを含め多く存在しますが、一見華やかに見える仕事なことに加え、女性にとっての憧れの現場でもあることから転職を希望する人が多い業界のひとつと言えるでしょう。礼儀作法など一般常識が重視されるブライダル業界では、転職であっても筆記試験が行われることもありますが、それよりも転職希望者の人となりが垣間見える面接が重視されます。

転職の場合は1次面接から個人面接のことが多いですが、グループ面接が行われる場合もあります。個人面接でもグループ面接でもブライダル業界の仕事の面接ではその会社を志望した理由、ブライダル業界を志望した理由、自己PR、自分の性格の自己分析、入社後にどういう仕事をしたいか、どのように会社に貢献できるか、前職の離職理由、全く畑の違う業界からの転職であれば女性が多い職場で働くことへの考え、前職と全く違う業界を選んだ理由、同じ業界内での転職であれば、過去心に残っているウェディングやその理由、してしまった失敗などが質問事項として挙げられます。また応募者数が多い場合、グループディスカッションを行ってウェディングや結婚に関する考えを討論する場合もあります。ブライダル関係以外のことでも時事問題などの質問が上がることもあります。

面接で行われる質問は様々なものが想定できますが、その中でもブライダル業界で働きたい理由とその会社を選んだ理由は明確にしておきたいものです。話を盛ったり、作ったりするのはよくありませんが、今まで結婚式で得た経験、前職で得た経験など自分の実体験から理由づくりをするとよいでしょう。すぐに志望理由が浮かばない人でも、ブライダル業界に興味があるということは、何らかのきっかけがあってそこを目指すことになったはずです。自分がこの業界に興味を持った理由をもう一度深く探ってみましょう。特定の会社を目指した理由が思い浮かばない人は、会社の情報を調べたり、実際にその会社でウェディングを行った人の口コミやブログなどを参考にしてみてください。

ブライダル業界では他の会社と差別化を図るために、自社独自の工夫をしているところが多くあります。そういったポイントに着目してみることで、その会社にしかない特徴を見つけることができますから、それを志望動機と絡めていくといいでしょう。


Copyright (C) 2013-2017 ブライダル求人サイトランキング All Rights Reserved.