ブライダル求人サイトランキング

ブライダル求人TOP >> ブライダル業界の転職の基礎 >> ブライダル業界の志望動機

ブライダル業界の志望動機

ブライダル業界の仕事に携わろうと思うのであれば、他の職種同様応募する際には履歴書などに志望動機を記入する必要があります。書類選考にあたって、志望動機がどのような感じなのかはかなり重要なポイントになります。おそらくブライダル業界への転職を志している人であれば、結婚式の仕事に携わるのが好きだからというものがあるでしょう。まずは志望動機では、なぜブライダル関係の仕事を志すようになったのかを明確に伝える必要があります。しかしここで注意しなければならないのは、イメージ先行の傾向の強い職場のため、自分のブライダルへの志と現実のブライダル関係の仕事とギャップの生じることがままあります。

ウェディングプランナーはドラマやニュースの特集などでもたびたび取り上げられているので、中には華やかな職場だと思っている人もいるでしょう。しかし実際はそれほど華やかな職場ではありません。たとえばウェディングプランナーですが、自分のやりたいように結婚式の演出ができるわけではないです。あくまでも新郎新婦の意向に沿う形で演出プランを考えていく必要があります。中にはお客さんの意見を聞きながらプランを練ったけれども、相手から「自分のイメージと違う」と言われることもあるかもしれません。何度も企画書を突き返されて、試行錯誤しながら進めていくこともあります。なかなか作業が進まない場合には残業や会社に泊まり込みで仕事を続けるといったハードな環境に身を置くこともあり得ます。

またブライダル関係の仕事に一種の憧れを抱いて就職したところ、成約を獲得するための営業の仕事しかやっていないというケースも出てくるでしょう。ブライダル関係の仕事と言われると、結婚式の演出プランなどクリエイティブな仕事をイメージしている人も多いでしょうから、営業の仕事ばかりやらされていると「こんなはずでは…」と思うかもしれません。

このようにブライダル関係の仕事ですが、理想と現実にけっこうなギャップがあります。そこでまずは自分が応募しようと思っている会社の情報をホームページでチェックしましょう。その上で、求人情報なども見て、自分はいったいどのような仕事を任されるのかを確認して、本当に応募しても良いのかを検討しましょう。そして情報収集した上で、採用担当者の納得の得られるような現実的な志望理由を考えていくことです。理想ばかりを追い求めた志望理由を作成しても、「ただの夢物語だ」などと採用担当者に一刀両断されてしまうかもしれません。


Copyright (C) 2013-2017 ブライダル求人サイトランキング All Rights Reserved.