ブライダル求人サイトランキング

ブライダル求人TOP >> ブライダル業界の転職の基礎 >> ブライダル業界の転職と転勤

ブライダル業界の転職と転勤

実際にすでに結婚式を挙げたことのあるブライダル業界への転職希望の人の場合、自分が結婚式の準備をしている途中でウェディングプランナーの人が転勤により変わってしまったという経験を持つ人もいるかもしれません。ブライダル業界の会社も一般企業ですから、規模の大きな会社で全国展開などを行っている場合、雇用形態や最初の雇用条件によっては転勤を命ぜられることもあります。結婚式場を通勤可能な地域にいくつも持っているような会社の場合は引っ越しをせずに転勤することが可能な場合もありますが、県外にも店舗や支店があるような会社の場合は引っ越しを余儀なくされることもあります。

転勤が伴うような雇用形態や雇用条件の場合、報酬がいいなどのメリットがある場合もありますが、これは一概には言えません。ただ全国展開をしている会社で転勤が必須の条件で雇用されると、突然の転勤や個人の状況を考慮してもらえない転勤も少なからずあるようです。後から「こんなはずじゃなかった」とならないためにも、転職を考えているときには、転勤がある会社なのかどうかを調べておきましょう。特に女性で自分が結婚してからも仕事を続けていきたいと考えている人の場合、転勤を伴うと仕事が続けられない可能性がとても高いです。

会社の命令と言えど、お客様を担当している最中での転勤に違和感を覚える人もいると思います。結婚式の打ち合わせではお客様もウェディングプランナーを頼ってくれます。親身になってプランニングしていたからこそ、突然の転勤で結婚式を放棄するのはいくらビジネスライクに割り切ることが必要な部分がある業界とわかっていても納得がいかないかもしれませんし、お客様にとっても不安を与えてしまいます。

そのような事態を避けたいと考える人は、一定の範囲の地域だけで展開しているような会社か個人経営の会社を転職先として選ぶようにしましょう。また、ウェディングプランナーであればフリーランスで働くという方法もあります。転職先を選ぶうえで、待遇面や条件といったものはとても大切ですが、それを第一に考えてしまうと、自分が思い描いていた仕事とは全く異なる働き方をしなければならない時もあります。ブライダル業界に転職するうえで「ここだけは譲れない」というポリシーやモットーがあるのであれば、転勤のない会社を選んだほうがその先も長くブライダル業界でウェディングに携わって働ける可能性が高くなるでしょう。


Copyright (C) 2013-2017 ブライダル求人サイトランキング All Rights Reserved.