ブライダル求人サイトランキング

ブライダル求人TOP >> ブライダル人気企業の求人 >> テイクアンドギヴニーズの求人

テイクアンドギヴニーズの求人

テイクアンドギヴニーズは1998年10月に設立され東京を拠点に、「One・Heart・Wedding」をサービスコンセプトに結婚式関連事業などを行っている企業です。東京の青山にある「青山迎賓館」をはじめ「アーククラブ迎賓館」や「アーフェリーク迎賓館」など、迎賓館と呼ばれる結婚式場を全国で展開しています。

2012年12月1日にはプロ野球選手の田中賢介さんと札幌テレビアナウンサーの西森千芳さんが、札幌にある「ヒルサイドクラブ迎賓館」で挙式をあげ、2013年1月5日にはオリエンタルラジオの中田敦彦さんとタレントの福田萌さんがテイクアンドギヴニーズのウェディングプランナーのプロデュースで、同社の海外リゾートウェディングブランド「アールイズ・ウェディング」のバリ島のチャペルで結婚式を行いました。

テイクアンドギヴニーズの新卒採用の職種はウェディングプランナーやイベントディレクターなどの総合職で、ウェディングプランナーの場合は分業制ではなく「一顧客一担当制」になっています。「一顧客一担当制」とは挙式を予定しているカップルの最初の接客から、契約・結婚式のプランニング・挙式までをすべてひとりでトータルプロデュースするスタイルです。

イベントディレクターの仕事はウェディングプランナーが作った結婚式のプランニングを、挙式の当日に新郎新婦に最も近い立場として形にする役割を担います。どちらの職種もゼロから一生に1度の、オリジナルウェディングを創り上げる大事な仕事です。そのためオペレーションマネジメント・スタッフの教育や育成・演出の提案など、役割を果たすだけでなくおもてなしの心を最大限表現する必要があります。

新卒の研修もウェディングプランナーの場合は配属先で先輩トレーナーが、電話対応や接客の方法までマンツーマンで指導を行います。ウェディングプランナーの仕事は予期せぬ出来事が起きるため、臨機応変に対応する力が求められます。さらにコミュニケーション能力も求められるため、さまざまなロールプレイングを通して研修が行われます。

イベントディレクターの研修も同様で配属先で挙式当日に向けた準備の仕方だけでなく、キッチンの仕事やドレスショップなど挙式に携わる全ての職種の体験研修を行います。さらに実際に行われている披露宴の現場でイベントディレクターとしての、サービススキルや急な判断を求められたときの対応力を覚えていきます。

給与は2012年度の実績ですが大卒と院卒の月給が22万円で、短大と専門卒の月給が20万円でした。また昇給は6月と12月の年2回で賞与も7月と12月の年2回で、諸手当としては通勤手当・時間外勤務手当・インセンティブ手当などがあります。福利厚生は産前産後休暇・育児休暇制度・従業員割引制度があり、成長支援制度としては海外研修制度・チーム企画支援制度などがあります。


Copyright (C) 2013-2017 ブライダル求人サイトランキング All Rights Reserved.