ブライダル求人サイトランキング

ブライダル求人TOP >> 条件別のブライダル求人探し >> 高卒可のブライダル求人

高卒可のブライダル求人

厚生労働省は2013年3月末時点での高校生の、就職内定率が97.6パーセントと過去20年間で最高だと発表しました。高校生の就職内定率は2008年に起きたリーマンショックをきっかけに年々下がり続け、一時は就職氷河期とまで呼ばれ高校生が学校を卒業してもなかなか就職できない時期が続きました。

しかし2012年12月16日に行われた衆議院議員総選挙で自民党の圧勝で、それまでの民主党から安部首相が率いる自民党へと政権が交代すると経済状況が一変しました。それまでは円高傾向が続き自動車メーカーをはじめとする産業界は経営悪化に苦しんでいたのですが、政権交代後は安部首相が推し進める経済政策「アベノミクス」の効果で円安に転じ始めました。

それと同時に株価も上昇し始めこれをきっかけに、自動車メーカーや輸出産業の業績が一気に好転しました。特に自動車メーカーへ与える影響は大きく為替で1ドルで1円の円安で、各自動車メーカーの利益が億単位で増加しました。その後も安部首相が発表した大胆な金融政策・機動的な財政政策・民間投資を喚起する成長戦略の、3本の矢の効果で日本の経済はさらに回復へと向かいました。

特に2013年1月29日に閣議決定された公共事業の15ヶ月予算では7.7兆円という大型補正予算が組まれ、それまで民主党政権下では経営に苦しんでいた建築会社や土木会社が息を吹き返し一種のバブル状態になっています。この背景には2012年12月3日に山梨県の笹子トンネルで起きた大月市の中央自動車道笹子トンネルの崩落事故がきっかけで、老朽化した全国のトンネルや公共施設の復旧作業が大型予算として組まれたからです。

さらに高校生の就職内定率が上昇した背景には東北地方を襲った、東日本大震災の復興事業が本格化したことが挙げられます。そのため被災地の福島県や宮城県などの東北地方の、高校生の就職内定率は全国でもっとも高い水準になっています。またブライダル業界にも、この東日本大震災の影響で変化が見られました。

それは東日本大震災の影響で、きずな婚が増えたのです。少子高齢化などの影響もありそれまで婚姻件数が減少傾向だったのが、震災の影響から家族という絆を求め結婚する男女が増えたのです。2013年になってからも好調を続ける、ブライダル業界の高卒可のブライダル求人は増えています

職種によっては経験者を採用しているブライダル求人ですが、高校生の新卒を積極的に採用している業界でもあります。大変な面もありますが結婚という、人生の門出を祝う仕事なので是非ブライダル業界で頑張ってください。高卒可のブライダル求人を探すのであればリクルートエージェントなどの転職サイトや、転職エージェントに高卒可の求人情報がたくさん掲載されています。


Copyright (C) 2013-2017 ブライダル求人サイトランキング All Rights Reserved.