ブライダル求人サイトランキング

ブライダル求人TOP >> 条件別のブライダル求人探し >> 海外のブライダル求人

海外のブライダル求人

最近では結婚式や披露宴をハワイ・グアム・バリなど、海外で挙げるカップルも増えてきています。そこで今回は海外で挙式を挙げる、手順や注意点についてご紹介します。まずはどこで挙式を挙げるかを決め、それが決まったら次は情報収集を行います。もしどこで挙式を挙げるかを決られない場合は、旅行の雑誌などを見てどこで挙式を挙げたいかを決めましょう。

挙式を挙げる場所がきまれば、次は手配会社を決めます。手配会社とは海外での結婚式や披露宴を、プロデュースしてくれる専門の旅行会社やブライダルサービス会社のことです。手配会社は旅行の雑誌などにも広告が載っていますし、大手旅行代理店などでも海外での結婚式や披露宴を手配してくれます。

海外での結婚式は人前式・ブレッシング・リーガルの3つのタイプがあります。人前式は日本でもお馴染みですが、海外の場合も同じで立会人に結婚の宣誓を行うスタイルです。ブレッシングの場合は日本で入籍を済ませる必要があり、教会で牧師から祝福をしてもらいます。リーガルの場合は逆に結婚式が終わるまでは入籍できず、結婚式が終わると日本の戸籍に海外で挙式を挙げたことが記録されます。

どのタイプの挙式スタイルにするかが決まれば、次に挙式をどこで挙げるかを決めます。人気があるのは教会やチャペルなどですが、海外のホテルで挙げるカップルも少なくあります。少し変わったところではヨーロッパなどではお城や、海があるハワイ・グアム・バリなどはクルーズの上で挙式を挙げるカップルもいます。

これらの希望を手配会社に伝えると手配会社が、その挙式スタイルや教会などすべての手配や挙式の段取りまで行ってくれます。もし自分たちで決められない場合は手配会社に相談したり、なかには海外ブライダルフェアや説明会などを開催しているところもあります。

海外での挙式の場合は新婚旅行を兼ねてふたりだけで挙げるケースと、両親や親戚などが参加するケースとあります。海外のブライダル求人はリクルートエージェントなどの転職サイトや転職エージェントなどに求人情報が掲載されていますが、求人先は手配会社になりますがある程度の英語力が求められます。

現地に同行することはほとんどありませんが電話やメールなどで、海外の現地のスタッフと打ち合わせを行いながら挙式のプランニングをするのが主な仕事になります。なかには海外での勤務が可能な場合もあるので、海外で働きたい方はリクルートエージェントなどの転職エージェントに尋ねてください。


Copyright (C) 2013-2017 ブライダル求人サイトランキング All Rights Reserved.