ブライダル求人サイトランキング

ブライダル求人TOP >> 条件別のブライダル求人探し >> 土日休みのブライダル求人

土日休みのブライダル求人

総務省が発表した2010年度の国勢調査では、40歳前後のアラフォー世代の男女の未婚率の割合が増えていることが分かりました。特に40歳〜44歳の世代でまだ結婚していない男性が28.6%もいて、2000年度の国勢調査での18.7%よりも9.9%も増えています。

同じ40〜45歳の女性の未婚率は17.4%で同世代の男性よりも少ないとはいえ、アラフォー女性の約5人に1人が独身だという計算になります。女性の場合も2000年と比べると、アラフォー女性の未婚率はおよそ倍に増えています。つまり10年前までは10人に1人だった独身女性の割合が、今では5人に1人が独身だということです。

45〜49歳の女性の未婚率を見てみると12.6%なので、5年間で結婚できた女性は僅か4.8%しかいません。50歳になった時点でまだ独身だと、生涯未婚率として統計されます。もちろん50歳を過ぎても結婚する男女はいますが、やはり年齢を重ねると出会いも少なくなっていくのは事実です。

実はもっと深刻なのが若い世代の男性の独身率で、30〜35歳の男性の未婚率が47%を突破し社会問題にもなっています。このままいけば結婚したくても結婚できない、男性の割合が増えることは避けられそうにもありません。このフレーズは婚活ブームにもなった独身女性へ向けて使われてきたものですが、今は独身男性の結婚が問題となっています。

若い男性が結婚できない背景には収入の問題が大きくサラリーマンの平均年収は409万円ですが、50歳未満の独身男性で年収が400万円以下の人の割合は83.9%もいます。女性が男性に望む年収は500〜700万円ですが、年収600万円以上の独身男性の割合は3%しかいません。

しかし不思議なもので結婚できない男女が増えているにも関わらず、ブライダル業界の業界規模は年々増加を続けています。2009年度のブライダル業界の業界規模は1,917億円と、ここ5年間でおよそ倍になっています。これは晩婚が増えたせいで、結婚式にお金を掛ける人が多くなったからです。

これからブライダル業界に就職や転職を考えている人にとって、気になるのが休みのことだと思います。結婚式を挙げるのはどうしても土日が多いために、土曜日や日曜日に休みが取れないのではないかと心配している方も多いと思います。そんな方は一度リクルートエージェントなどの転職サイトや転職エージェントの、ブライダル求人を覗いてみませんか?

ブライダル求人のなかには職種によっては、土日休みのブライダル求人もたくさんあります。どうしても土曜日や日曜日に休みが取りたい方は、転職サイトや転職エージェントで探されることをおすすめします。


Copyright (C) 2013-2017 ブライダル求人サイトランキング All Rights Reserved.